女性

しわやえらと簡単にお別れ

ウーマン

注射だけでできる美容整形

ボトックスは、ボツリヌス菌から産出されるA型ボツリヌスという毒素を有効成分とする医薬品です。この毒素には、神経に情報を伝えるための神経伝達物質の働きを弱める作用があります。これを応用して、意図的に筋肉に麻痺症状を引き起こさせ、身体に良い医療効果をもたらすことができるのがボトックスです。ボトックスの医療への応用は数多くの場面で見られますが、美容の分野では、しわの除去や小顔(えら痩せ)、多汗症による腋臭の治療などに利用されています。気になる部分の状態や期待する効果に合わせ、必要な部位の筋肉に注射を使ってボトックスを注入します。すると、緊張していた筋肉は局所的にリラックスした状態となり、動きが抑制されます。これによって、顔や身体の気になる悩みの解消につなげることができるのです。医薬品であるボトックスは同時に毒素でもあり、これを利用した医療行為を行う医師には高度な専門的知識が求められます。また、特に注入頻度の高い顔には、多くの神経や血管、そして筋肉があり、人目にもふれやすいデリケートな部分です。そのため、安全に十分な配慮をした適切な医療技術も、とても重要になってきます。ボトックスの美容分野での代表的な利用目的のひとつに挙げられるのが、気になるしわの除去です。しわの原因は、表情筋と呼ばれる表情を作り出す顔の筋肉の運動にあります。表情筋が動くことで、その上部にある皮膚に歪みが生じます。若い頃には、歪みはすぐに元の状態戻るのですが、年齢を重ねるにつれて歪みは戻りにくくなり、しわが残るようになっていきます。これに対して、ボトックスを注入することで表情筋の必要以上な働きを抑制し、顔のしわを軽減させることができます。また、ボトックスを利用したえら痩せも、人気の治療のひとつです。えらが張っている原因には、骨格の問題と咬筋と呼ばれる咬むための筋肉の発達があります。骨格を修正するには骨を削る手術が必要となりますが、ボトックスの場合なら注射をするだけで済みます。ものを咬むのに支障のない範囲で咬筋の動きを抑え、えらを小さくしていくのです。えらの張りが縮小したことで生まれるシャープなフェイスラインには、もちろん小顔の効果も感じられます。この他にも、汗腺の働きを抑制することで多汗症や腋臭の症状を改善したり、ふくらはぎを細くして美脚を実現したりと、美容分野でのボトックスの利用は、大変有効な手段として知られています。